2009年9月アーカイブ

つづきです。

副編集長からバトンを渡されいよいよドライブ。


最初の何週かはタイムがバラついたんだけど、3周目くらいからタイムも安定して
いい感じ。。。

今回は、5000回転以上は回さないという指令をうけてるので、コーナーで追いついても
肝心のストレートで離されるというなんとも歯がゆい展開。。


ここで熱くなったら負けなんさ。
自分の使命は、ガソリンを使わないように淡々と。

速く走りたい気持ちをぐっと抑えてチームプレーに徹して任務終了。


でも、走り終わった時点で5位まで順位を挽回できた。イェイ

トップとも同一周回になってたので自分の役目は果たせたんじゃないかな?


その後、坂本選手、大井選手と黄金のリレーでトップを奪還し、ゴール!!


やりましたよ~

ついにやりました。優勝です!!!!
Image638~00.jpg


チーム一丸となって頑張った結果です。
皆さんお疲れ様でした。


祝勝会が楽しみだ~


※脅威の耐久力

今回レースで使用したロードスター。
毎年このレースだけに使われる車なんだけど、毎年関心するのがその耐久力!!

毎年4時間ぶっ通しで走って終ったらすぐガレージ入り。
翌年、マツダさんが整備をしてくれるもののすぐレースの繰り返しでも全くトラブルが
出ないんだよ。

今年も1台のリタイヤも出ないで全車ゴールできたし。

ホント関心します。
走ってる時なんかは、けっこう水温も上がっちゃってるんだけどね。

そんなに熱ダレ感はないし、4時間元気に走ってくれる。


ミラコーです!!


やりました。
今回で3回目の参加になるこのレース。

速く走るだけでは優勝できないこのレースで見事(予定通り)優勝しました!!

ホントに。ホントに嬉しかった。


チーム一丸となって頑張った結果だから余計に嬉しいよね。


ちゅうことで、簡単に経過を報告しちゃいますよ。

今回参加した"ENGINE"チームは、鈴木編集長、村上副編集長、レーシングドライバーの
坂本選手、同じくレーシングドライバーの大井選手と俺の5人で4時間を戦う。

このメンバーは去年と同じで、去年の屈辱を同じく味わったメンバーで、必ずやリベンジを
と気合をいれて当日を迎えました。

IMAG0035.jpg

午前中に練習走行、予選があり午後4時にレースがスタートするという感じ。

予選は大井選手の担当。
去年は見事ポールポディションを獲得して、今年もと期待がかかったが、練習走行時間
を大井選手以外のドライバーに振り分けてしまったから練習なしのぶっつけ本番。

そんな中見事予選3番手をゲット!!
Image635~00.jpg

いや~さすがだね。こんなこと言っちゃ失礼だけど、やっぱりスゴイ。。。


でも、はっきり言って予選の結果はあんまり影響しないんだよね。このレースって。

というのも、スタートは運転するドライバーが足で走ってきて車に乗り込んでスタート
する旧ルマン方式


スタートドライバーを務めるのは鈴木編集長。

午後4時レースはスタート。
編集長もキレイなスタートで淡々と走行を重ねる。


前後してしまうが、去年の経験をふまえて今年のチーム戦略は、前半の編集長、副
編集長、俺までは淡々と燃費走行をして後半追い上げるという作戦。

ここで重要なのがやはり燃費なんだよね。

いかに燃料を使わないように速く走るかってこと。

各ドライバーごとに、回せるエンジン回転数がチームから決められ、この回転数の
範囲内でタイムを出すことに集中しなければならない。


順調に周回を重ね、編集長から副編集長へ変わったあたりでの順位は14~15位くらい。

去年は、薄暗い状態で走った編集長は、1番目走行になったことでトラブル無く走行できて
Good Job!!

2番手ドライバー村上副編集長に代わり着々と順位が上がっていき3番手の俺にまわって
来るころには10位くらいまで上がってきていた。


こりゃイケるかも。。。。

つづく・・・


本日はメディア対抗4時間耐久ロードスターレースに参加するため
筑波サーキットに来てます。

毎年恒例になってるこの大会。

去年はのこり1分のところでガソリンが無くなってしまい表彰台を
逃したので、今年こそ悲願の優勝を!!


頑張ります