2006年7月アーカイブ

地域によって

| コメント(4)

昨晩、北陸から帰ってきました。

イベント当日は、雨がふったりやんだりとあまり良い天候ではなかったけどたくさんのお客さんが
会場に来てました。

P1000109.JPG
《J SPORTSの松本さんと新井さんとトークショー中》

今回初めて北陸にお邪魔したんですけど、みなさんあんまりこういったイベントに慣れてない??のか
他のイベントだったらたくさんお客さんと話をする機会があるんだけど、今回は遠巻きで珍しいものでも
見るように私達の方を見ていました。(人気が無いだけか?!)
「地域によってお客さんも色々なんだなぁ」と思いましたよ。

あともう一つ感じたことは、子供連れの方が非常に多かったということ。
いつもイベントからみると圧倒的に家族で来ている人が多くて、非常に驚きました。
同じ場所で、スバルから新しく出た軽ワゴンのステラ試乗会も開催されていて、
こういった、WRCのみのイベントでは無くて、家族で来ても楽しめるイベントというのもいいなと
感じました。
北陸スバルさんには、本当に大変だとは思うけど是非、来年も開催してほしいと思うし
私も参加したいと思います。

P1000107.JPG

なまらかわいいでしょ~
最後は、スバルスターズの山崎さんと中島さんとデレデレ中のTAKUMAでした・・・


明日からイベントで北陸に行ってきます。
このイベントに参加するのは今年が初めてなので、今から非常に楽しみです。

残念ながら、SUBARU TEAM QUASYSのインプレッサはアクロポリスから帰ってきている途中なので
間に合いませんでしたが、ラリージャパンの0カーを借りてデモランをすることになりました。

皆さん遊びに来てくださいね!!

0727-1.jpg
http://www.hokuriku-subaru.co.jp/wrc/

チョロQ

| コメント(2)

先日、2005年ラリーJAPAN仕様のチョロQをいただいた。

これがまた非常によくできています。

ご存知通り昨年は、東京スバルラリーチームにお世話になっていたんですが、その昨年使用した
インプレッサを忠実に再現していて、ステッカーの配置も全く同じです。

製作した方は、そうとう手先が器用ですよ・・・これは。私は絶対作れません。

0726-1.jpg

残念なお知らせです。

7月19日にテストを行なう予定とブログに書いていましたが、そのテスト開始早々チームの
コミニュケーショントラブルで封鎖しているはずのテストコースにトラックが入ってしまい、
そのことをしらないまま走行した結果、コース上でトラックと対向することとなり、運良く正面衝突は
免れたもののトラックを避けた際にコースアウトしてそのまま崖下100mほど転落しまいました。

私の身体については、病院で検査を行なった結果問題ないと言うことでしたが、
車は本番に出場できないほど壊れてしまったので今回の出走を取り消しました。

応援してくださっている皆様には大変申し訳ないのですが、残念な結果に終わってしまいました。

次回はラリージャパンですので、また応援宜しくお願いします。

0723-1.jpg

やっとネット環境をゲットしました。

いや~予想以上の山の中でしたね~

0718-2.jpg

バスに揺られること4時間半。
またこのバスの運転手というのが、デンジャラスドライバーでクラクションを鳴らせばみんな避けて
くれると勘違いしている?奴で、クラクションも普通のクラクションではなく、何故かサイレンまで
鳴るスペシャル仕様です。
プップカプップカやりながら途中事故で通行止めになってたり、雨と霧で全く前が見えなかったりと
様々な困難を経験してやっとの思いでたどり着いたところは・・・・・

やはりあまり治安が良さそうなところではありませんでした。。。

0718-1.jpg

ここ何年もこの地域でラリーが開催されているみたいなんでラリーはできるみたいですけど
外に出るのがちょっと怖い・・・特に夜。

明日は、テストデーです。


こちらは現地時間で12:42(日本時間で25:42)やっと中国シンセンのホテルに到着しました。

今回のフライトは、成田→香港 香港からタクシーで中国に入るという移動方法だったのですが
生まれて初めて陸から陸の入国をしましたよ。

何言ってるかわかんないかな?
通常飛行場で入国手続きをすると思うんですけど、今回の香港→シンセンは橋一つ渡れば
入国できるので、橋を超えたところに香港の出国審査所があってその後すぐに中国の
入国審査所があるのです。
なんか、初めてのことだったので新鮮でした。。。

明日はシンセンからグウヤンまで飛行機で移動して、それからバスで4~5時間かけて
ラリーが開催されるリュウパンスイに移動です。
移動のバスに窓ガラスがあるか心配ですが・・・・・


この頃日本の気候がおかしい。
まるでタイやマレーシアのような亜熱帯気候?って感じである。
おまけに突然スコールまで降る。

昨日は朝から30℃以上の気温で昼くらいにいきなりスコール。
それも氷まで降ってすごいことになってました。

0716-1.jpg

いきなりの雷雨で、会社は停電するし信号は動かなくなるし大混乱。
会社の横に駐車場があるんですけど、氷にメコメコにされ無残な状態に・・・

0716-2.jpg

どうなってるんですかね~
普通に34℃とかあるし。
やっぱり北海道が一番ですな。

今日から中国ラリー選手権Rd2に出場するために向かいます。
PC環境次第ですけど、またラリー通信を伝える予定なのでお楽しみに!!

ラリーの楽しみ方

| コメント(3)

このブログでも何回か書いてますが、今回のラリー北海道は、“ラリー初体験のドライバー・チームがラリーに挑戦する”という雑誌の新潮社「ENGINE」企画で発足した TEAM THE ENGINEというチームで走ったのですが、そのチームのドライバーである山野さんは見事最後まで走り完走を果たした。
今回のコースは路面がルーズで、ラリー初体験の山野さんには非常に大変な状況であったと思います。
しかし、山野さんはステージを進むごとにタイムが安定していって、見事最後まで走りきって
ゴールしました。

私達の様に優勝を狙って全開で走るのもラリーですが、今回の山野さんの様に、非常に過酷な
ラリーに挑戦して完走するということもラリーなのです。
ラリー初体験で右も左も解らずアジパシに出場した山野さんにとっては、ある意味完走が“優勝”に
値すると私は思います。
それくらいラリーは完走することが難しいし過酷なスポーツなのです。

山野さん本当にお疲れ様でした。
最終ステージを走り終えてサービスに帰ってきた山野さんは本当に嬉しそうでその姿を見て
チーム一同心のそこからの沸いてくる嬉しさと達成感を感じました。

この嬉しさと達成感が、ラリーをやっていて本当に良かったと思うことであり、やめられないところです。
皆さんも是非この感動を味わってもらいたいと思います。

チームのリポートは下記URLで随時アップされると思いますので見てみてください。
http://www.teamtheengine.com/

ラリー北海道が終了しました。
結果は2日目にコディを捕らえることに成功して2位でフィニッシュ!!

今回のラリーでは、新井さんが出場していることもありタイムを比較しながら戦うことができ、
自分のペースがどれくらいなのか常に確認しながら走れて、非常に良い大会だったと思います。

ラリーJAPANに向けて、様々なセッティングも試すことができたし乗り易くていいと思っていた
セットがタイムが出なかったり、乗りにくくて駄目だろうと思っていたセットが意外にタイムが
出たりと、これ以上無い実践テストでした。

それから、今回のアジパシではSUBARUが大活躍でした。
1位 新井選手
2位 TAKUMA
3位 コディ
4位 柳澤選手
上位4台がすべて新型インプレッサです。
詳しい結果は公式サイトにて
http://www.rally-hokkaido.com/

Rally Hokkaido通信③

| コメント(0)

ラリー北海道1日目が終わりました。
スタートしてから1,2SSを連続してトップタイムが出て幸先良いスタートが切れたものの
その後は、車のセッティングがいまいちしっくり来なくて徐々に遅れて、最終的には3位で
終了した。
1位の新井さんとはちょっと離れてしまったけど、2位につけているアジパシシリーズリーダーの
コディクロッカーとは2秒ほどの差なので、明日はコディを抜いて2位でゴールできるようにと
ラリーJAPANのテストをじっくりしようと思います。

それから、チームメイトの山野さんは残念ながら3本タイヤがバーストしてレグ撤退となってしまった。
明日も走るので是非完走目指して頑張ってほしいです。
ラリーは難しい・・・

Rally Hokkaido通信②

| コメント(2)

昨日レッキが終わりました。
コース状況は若干昨年のラリー北海道で使用したステージはあるものの、ほとんどは2005年の
ラリーJAPANのステージを使っていたり、新たにステージが加わったりと少し様変わりしてました。
路面はラリーJAPANの時とほとんど変わらないようだったので、非常に楽しくドライブできそうです。

本日はセレモニアルスタートが行なわれました。
スタート前にはサイン会も開催されたくさんのスペクテイターが遊びに来ていました。

0707-1.jpg

6歳くらいの男の子がサインを求めてきていたので、ラリーカーに乗せてあげたら大感激で
目をキラキラさせてコックピットに座っていました。
将来は“ラリードライバーだね”と話すと、タンザクに「ラリーパイロットになれますように」と
書いたようです。

そう、今日7月7日七夕の短冊にラリードライバーになりたいとお願いしているのです。
これを聞いて本当に嬉しかったし、それと同時にこのような子供からTAKUMAの様になりたいと
思われるように頑張らないととあらためて感じました。

明日から本番ですが、子供に夢を持たせて挙げられるような走りを見せたいと思います。

ちょっとカッコつけすぎかな??? 
とりあえず“全開”で頑張りますよ~

Rally Hokkaido通信①

| コメント(4)

ただいまAPRCラリー北海道に参戦するため北海道帯広市に居ます。
スポーツミーティングに来た人はもうご存知のことと思いますが、今年のラリー北海道は
TEAM THE ENGINEというチームから参戦します。

0705-2.jpg

以前、ブログでも書いたけどこのチームは、新潮社ENGINEの企画で1からラリーチームを作って
ラリーに参戦するという企画で始まり、練習を重ねてようやく今回ラリー北海道に参戦です。
いつもは先生として山野さんとお付き合いしてきましたが、本番のラリーではチームメイトとして
ラリーを戦います。

昨年のこのラリーでは全日本ラリーでのエントリーだったけど優勝できた得意のラリーです。
今年は昨年と違いAPRCでのエントリーだけど、優勝目指して頑張りますので応援お願いしますね~

明日はレッキの様子をお伝えしますよ。。。

0705-1.jpg
TAMUMA車は青。山野さんの車は白ベースのカラーリングです