2006年4月アーカイブ

ラリー2日目も終了して、トップはローブで2番手にぺタートップ争いをしていたグロンホルムはマシン
トラブルでリタイヤとなってしまったようだ。
ぺターも様々なトラブルがあったみたいでそれが無ければトップを狙えたと言っていたので今後の
展開が楽しみである。

PCWRCは、大本命の新井選手がタイロッド破損でレグ撤退になってしまい、昨日紹介した
アキも壁にぶつかってリタイヤとなってしまった。

今回のアルゼンチンラリーは、当初の予想通りサバイバルラリーとなっている。
PCWRCの全11チーム中すでに6台が何らかのアクシデントでレグ撤退またはリタイヤとなっている。
前半調子がよくて1,2,3位を独占していたタンゴラリーチームも3台ともリタイヤ(1台はレグ撤退)に
なってしまった。

このタンゴラリーチームとは、地元アルゼンチンのチームでドライバー3人もアルゼンチン人を
揃え人気が非常に高い。
サービスに大型トレーラーを入れたり、かわいいおねえちゃんがいたりと、一見すると
ワークスチームよりも立派でいつも賑わっている。
まあ結果が結果だからあまり良いフインキではないけど・・・・・・・

0429-1.jpg

すいません。嘘つきました。
セレモニアルスタートはなかったようです。
スタートはいきなりスーパースペシャルステージで2本SSをして初日は終了でした。

とりあえずラリーはスタートしたので、私の仕事は終了。(レッキのみ)
ここからは、題して「PCWRCドライバーに挨拶しようのコーナー」

初回はSYMSヨーロッパからエントリーのアキ・テイスコネン選手。

0428-1.jpg

彼は、25歳独身のフィンランドドライバーで“結構スケベ”ないい奴です。
今年から、私もお世話になっているTEINカラーでPCWRCにエントリーしています。
今回のアルゼンチンが緒戦で今後のイベントにはすべて出場するようで、昨年のラリーGBで
PCWRC初優勝を挙げて今年はチャンピオンを狙っていくと言ってました。
強敵ですな。

0428-2.jpg

時間が取れ次第挨拶シリーズ(選手紹介?)をアップしていくのでお楽しみに。

昨日レッキが終わった。
全体の印象は、なまらハイスピードとなまらロースピードしか無いという感じ。

ハイスピードは所は、道幅が広くてまるでグランツーのラリーコースみたいな感じで、
ロースピードの所は日本でもこんなに曲がりくねったところはあまり無いと思う。という感じ。
路面も、岩盤がむき出しでラフな所が多くて左右のセーフティゾーンもあまり無い。
国によって様々な難しさが有ると改めて実感した。

それからたくさん渡ってきましたよ。川を。
アルゼンチンの名物でもある川渡りSS。
昔にぺターがフォーカスで縦回転した所の実況検分をしてきたけれど、
あれを全開で行けると思うところがまずおかしい。
っていうか絶対無理だと思う。
ぺターの頭がいかれてたか、ブレーキとアクセルを踏み間違えたとしか考えられません。

川渡りの写真を撮ってこようと思ったけど、レッキがハードでそんな暇は無くこれで我慢して↓

0427-1.jpg
(ここがそのぺターが転倒した川渡り)

明日はセレモニアルスタートがあるので明日はその模様を伝えます。
それではまた。

《おまけ》

これが噂の牛肉ステーキ。
この量のステーキにポテトとコーラが付いて400円位。
0427-2.jpg

本日よりレッキが始まった。

5本のSSをレッキしてきたが、その中でもアルゼンチンラリーでもっとも有名なSS
「エルコンドル」に行ってきた。
アルゼンチンラリーを見たことがある方は絶対に知っているこのSS。
大きな岩がゴロゴロしたところを結うようにして駆け下りる。
道幅も狭くてコースアウト=リタイヤとなる非常に難しいSSだったけれど、なかなか良い
ペースノートを作る事ができた。
その他のSSも、走っているイメージを作ることができたしノートも完成度が高いものが作れた。

0425-2.jpg
(エルコンドルを出たところ)

それから今日パンクをしてしまって交換をした時、ふと看板を見ると看板に丸い穴が空いている。
よく見ると銃痕???のように見える。
ちょっと怖くなってきた・・・・

0425-1.jpg

ようやく着きました。アルゼンチンに。

チリからアルゼンチンのコルドバへは飛行機で1時間位の距離なので、すぐに到着したけれど
飛行機の中でこんな↓風景がひろがっていたのでさぞかし寒いのかと覚悟していたのだが、

0424-1.jpg

着いてみると東京より暖かい。昼間は半袖シャツが必要だ。
事前情報では寒いと聞いていたので、あまり半袖は持ってきていない・・・・

今回泊まる宿は、コルドバから40kmほど離れたカルロスパスという町にあるなんとかという湖の
辺にあるHOTEL。
HOTELの前には湖が広がっていて、庭にはプールもある。

0424-2.jpg
(HOTELの前にて。これは夕日ではなく朝日です)

今日は午前中に今回色々とお世話になる地元チームのバラッテロへ行ってミーティングをして
午後からは、明日からのレッキに備えてレッキカーの準備を行い終了。
これから、ディナーです。
ここは牛肉とワインが安くて美味しく、昨日スーパーに行ったら牛肉のステーキが3枚で150円位。
ワインも1本500円位である。

さてさて美味しい牛肉でも食べてきますか。。。

成田を22日の午後3時に発って、こちらの時間で只今23日午前8時です。
日本時間で言うと23日の午後9時。

未だアルゼンチンには到達してません。
今はチリのサンティエゴ空港で次のフライトまで待ちブログ中です。

0423-2.jpg

いやー遠い・・・
もう2回目の朝を迎えてしまった。
この後11時から日本を発ってから3回目のフライトでアルゼンチンのコルドバに向かいます。

それではまた。

0423-1.jpg


明日より

| コメント(3)

アルゼンチンへ行ってきます。
また、アルゼンチンラリー通信をしていきたいと思っているのでご期待を。。。

でも、飛行機に30時間以上も乗らなきゃいけないと思うと今から涙が出てきます・・・・・

続ラーメン

| コメント(11)

今日のラーメンは「ほうりゅう」の醤油ラーメン。
ここのラーメンは、毎日でも食べれる美味しいラーメンである。
店長の三浦さんは昔々ラリーをやっていて、今はアルファに乗っている車好き。
北海道に居るときは週に2回はラーメンを食べに行っていた。
最近は行けてなかったので、今日は久しぶりのほうりゅうを堪能できた。

0420-1.jpg

私は

| コメント(8)

はっきり言ってラーメンにウルサイ。

ご当地ラーメンが流行っているけれど、北海道のラーメンといえば「札幌味噌ラーメン」と
思う人が多いのではないだろうか?
でも、北海道の中では旭川のラーメンが一番美味しいという人が多い。
旭川ラーメンの特徴といえば、他のご当地ラーメンと違って味噌、塩、しょうゆのどの味でも
美味しい店が存在している。
そんな中でも、個性の強い店が多いので、味噌という括りの中にも色々な味噌味があって
飽きることが無い。

昨日は【よし乃】という店の味噌ラーメンを食べた。
この店は、味が濃い味噌ラーメンでちょい辛。毎日は食べられないけど月に1回は食べたい感じの
ラーメンである。
0419-1.jpg

一時帰国

| コメント(4)

昨日北海道に一時帰国した。2ヶ月ぶりの我が家である。

東京では、桜が咲きもうすでに散っているというのにこちらでは、まだまだ雪がある。
しかも昨日の日中は吹雪だった。

0418-1.jpg

いつもの年なら、この時期になると路肩の雪は残っているものの雪が降ることはあまり無い。
降っても4~5日/月程度か。
これも異常気象という括りになると思うのだが、改めて考えてみると毎年ニュースで
「今年は異常気象ですね」と言っている様な気がする。
異常気象ではなく変な気象が“通常気象”になっているのではないだろうか。

アフリカの密林も100年後には約40%が砂漠化してしまうらしい・・・・

健康診断

| コメント(2)

今日健康診断に行ってきた。
海外格式のラリーに出場するには、通常のライセンスの他にメディカルカードというものが
必要となる。
そのメディカルカードとは、所定の用紙に沿った内容を医者に見てもらってラリーに出場しても
問題は無いという証明をJAFから発行してもらう。
その証明書が無いとラリーに出場することはできない。

そのための健康診断に行ってきたのだが・・・・・すごい先生だった。
すごいと言うのは、あんなに何も解らない先生に会ったことは無い。すべての項目で
私にこれは何?これは何?と聞いてくる。
俺に聞かれても・・・・・
先生免許持ってます?と聞いてみたかったが。
もう一生あそこに病院に行く事は無いだろう。

いよいよ2006年の全日本ラリーが開幕した。
開幕戦は九州で開催されたターマックラリー。

昨年までなら参戦報告をするところだけど今年は残念ながら全日本ラリーに参戦しないので
結果のみになってしまうが優勝は見事勝田選手が獲得した。
今年勝田選手は、私が昨年まで所属した東京スバルラリーチームと全国のスバルディーラーから
選抜されるスバルラリーチームジャパンが合体してできた、新生スバルラリーチームジャパンの
ドライバーとして全日本ラリーに参戦することになった。

その緒戦でいきなり2位に50秒以上の差で優勝した。
サスガである。

勝田選手のターマックドライビングはホラー映画を見るより怖いともっぱらの評判で、
私も過去に見せてもらった事があるが、「絶対真似できない・・・」と思った。

巷では、ノリさんの事を“ターマックキング”略してタ○キンを呼んでいるらしい・・・・・
いくら速くてもその名前はちょっと・・・・・


| コメント(2)

梅が咲き、桜が咲いて今度はチューリップです。

0409-1.jpg
(立川駅にて)

知らなかったんですけど、立川にある昭和記念公園はチューリップが結構有名らしく
毎年チューリップ・ガーデン・ミュージアムなるものを開催しているようです。

私の故郷は、紋別というオホーツク海沿いの小さな町だがその隣町に有名なチューリップ畑が
あって、確か120万本のチューリップが咲いている。開花は、5月中~下旬位
本当にきれいなので皆さんも見にいってみてはどうですか?

上湧別町(カミユウベツ)という街です。
http://www.kamiyu.org/

今朝のニュース

| コメント(2)

最近は牛乳の需要が少なくなっているというニュースを見た。

それに伴って、牛乳パック100万本分の牛乳が廃棄されたらしい。
廃棄するなら採らなきゃいいじゃんと思うところだが、牛乳を搾らないで牛のお腹の中に
溜めていると、牛が病気になってしまうのでどうしても搾らなければならないと
農家の方が頭を抱えていた。

考えてみると最近牛乳を飲んでいない。
毎日飲んでいたといえば、小、中学校で出ていた給食の三角パックの牛乳くらいで
あとは、何かに混ぜて食べたり飲んだりしているくらいだ。

世界には飢えに苦しんで多くの方々が亡くなっているというのに本当に贅沢な話である。

ニュースの最後で、牛乳をなんとか貧しい国の方々への援助へ活用できないか検討すると
自民党の麻生外相が言っていたが、ポスト小泉なんか考えるよりそっちのほうがよっぽど
重要です。

民主党も代表選挙なんかどうでもいいので、こういう問題に熱意をもっていただきたい。
ガセメールで政権交代を考えるよりも、こういうことに力を入れれば支持率も絶対上がるし、
無駄な労力(税金)を使わなくてすむ。

何故それがわからないのか・・・・

カラーリング

| コメント(3)

先日のシェイクダウンテスト開催と同時に、今年の参戦車両のカラーリングも発表された。

0406-1.JPG

横にはスバルのオフシャルロゴでもあるSマークにチーム名が入り、前後のバンパーには
支援していただいているパナソニック様の『TOUGHBOOK』をイメージしたカラーリングに
なっている。

0406-3.JPG

今までのスバルチームはブルー一色で‘カッコイイ’というイメージだが、今回のカラーリングを
見るとこれはこれで斬新でかっこよく見えるのだがいかがでしょうか?

0406-2.JPG

0406-5.jpg
(室内にも、TAKUMAスペシャルのBRIDE MAXISⅢが装着されている。)


因みに今年のレーシングスーツはこれ↓
0406-34.JPG

PCWRCアクロポリス参戦へ向けチームが本格的に動き出した。

本日丸和オートランド那須にて、車両チェック・セッティングを行なった。
午後からは、雑誌媒体を交えての公開テストも行い、途中トラブルでテストが中断してしまったが、
ラリーに向けて貴重なデータを得ることができた。

インプレッサのNEWモデルでテストをするのは今回が初めてだったのだが、
昨年まで使用していたインプレッサから比べると、DCCDが驚くほどの進化していた。
今回の06モデルのインプレッサからセンターデフが機械式へと変更されていて、今までの
モデルと比べると前後の駆動の伝わり方がリニアで非常にコントロールしやすい。
運転していても、車の動きがわかりやすくて思った通りのラインをトレースすることができる。
正直これほど良いとは思わなかった。
今からアクロポリスが非常に楽しみである。


_DSC2183.jpg